第12回チャレンジバウト北日本キッズ空手道選手権|心優会館活動報告

心優会館さんより活動報告です。

2024年3月9日。三条市大崎会館にて。
第12回チャレンジバウト北日本キッズ空手道選手権(三条市スポーツ少年団心優会館主管、空手道沖縄剛柔会主催、山形フルコンタクト空手道連盟共催)が開催されました。
第12回チャレンジバウト北日本キッズ空手道選手権
山形市で毎年開催されていた東北大会がコロナ禍で消滅したため、その代替として、今回新潟県での開催となりました。
山形県連の選手達が集団感染により直前で棄権となりましたが、大会では、多くの熱戦が繰り広げられました。
心優会館の子供達は、渡邉晴光さん(一ノ木戸小)が総合司会をつとめるなど、大会の準備や運営にも取り組みました。
9月に東京の墨田区総合体育館で行われる第40回全日本空手道選手権の出場権を、心優会館からは5名が獲得しました(カテゴリーの優勝者)。

試合結果

(三条市スポーツ少年団関連のみ)

第12回チャレンジバウト北日本キッズ空手道選手権結果
成績 名前
フルコンタクト 小学3~4年生 優勝 外山祥大
2位 青野七海
小学5年生 優勝 坂内義桜
2位 川上維織
中学生女子 優勝 石月ひばり
中学生男子 優勝 町田智陽
着衣総合 中学生男子 優勝 谷地田千祥
ベストファイター賞 外山祥大
ベストバウト賞 川上維織vs高橋孝輔
昇級審査の部 優秀選手賞 藤島佑公
合格者 田下愛巴、渡邉晴光、五十嵐日那太、永井怜央、本澤佑晴、藤島佑公、外山祥大、坂内義桜、山添善隆

優勝者のコメント

外山祥大選手「全日本選手権でもハイキックで倒したい」
坂内義桜選手「勝ち上がりながらガードを修正できた。ヒザをもっと磨いて全日本選手権にのぞみたい」
石月ひばり選手「全日本選手権では自分よりも大きい相手ばかりだと思う。でも、引かずに攻めて倒す」
町田智陽選手「今後の自分の成長要素を発見できた大会だった。ファイトスタイルを見直して、全日本選手権でも好成績を狙う」
谷地田千祥選手「大会前は緊張と不安でいっぱいだった。優勝できたことも嬉しいが、コロナ禍で試合ができなかったので、戦えたことが何より嬉しい」

三条市スポーツ少年団心優会館
田下毅巳

関連記事

  1. [キッズ空手]心優会館
  2. 2023年度中越野球連盟杯学童軟式野球大会予選会