スポーツリズムトレーニング指導者研修会

三条市スポーツ少年団と一般社団法人三条市スポーツ協会はグッドコーチング研修会として、リズムからアプローチするまったく新しいトレーニング「スポーツリズムトレーニング指導者研修会」を開催。スポーツ指導者らが参加してリズム感を養うトレーニング方法を学びました。

リズムトレーニングは「リズム感」を高めることで運動能力を向上させる全く新しいトレーニング。一般社団法人スポーツリズムトレーニング協会(略称STAR)=岡山県津山市=の津田幸保代表理事が開発をしました。多くの幼稚園・小学校でも取り入れられ、NHKEテレの「Eダンスアカデミー」等のメディアにも取り上げられたり、プロ野球の横浜DeNAベイスターズやスポーツチーム・選手がウォーミングアップとして取り入れています。

三条市スポーツ協会のスタッフがライセンス取得のために受講したところ「もうすごく楽しくて!」とはまり、やってみると「リズム感が変わり運動能力が格段にアップする感じ」で「こんな楽しいことで運動能力も上がるんだったらスポーツ少年団とかの練習の一環で取り入れてもらえたらいろんなものが変わるんじゃないか」と指導者研修会のプログラムとして企画しました。

研修会は5月11日に三条市栄体育館アリーナで、福島県内を中心に、スポーツ少年団から高校までリズムトレーニングの指導をしているSTAR認定インストラクターの中島恵子先生を講師にお迎えして実施しました。

はじめに身体を動かしやすくする為のストレッチから学びました。正しいストレッチ方法を意識して取り組むだけで、筋肉をより効果的に伸ばし、関節の動きも動かしやすくなりました!
リズムトレーニングがスタートすると、初めは簡単なステップ・動き・リズムだったものの、段階的に難易度が上がり、頭で認識している動きを実際に行うことが難しくなっている様子が見られました。
しかし、正しい動きが出来なくても音楽にのって楽しむ様先生から指導があり、皆さん楽しく身体を動かしていました。

中島先生は、「運動神経いいねという子と、そうじゃない子がいるがその差はなんだろう?その要因の一つがリズム感だと思う」と話し、動きの中の“キレ”や強弱をどうやって教えるか?その子にどうやったら伝わるのか?「それを教えるのがこのリズムトレーニング」だとして、音楽に合わせてジャンプをしながら、手・足の動きを加えながら正確にリズムを刻むドリルを練習しました。

[研修会の様子]
2024年5月11日(三条市栄体育館)

関連記事

  1. 三条市スポーツ少年団ミニバスケットボール大会
  2. 新型コロナウイルス感染症対策下における少年団活動について
  3. 2024年度中越地区スポーツ少年団少年軟式野球交流大会予選会